「作戦あれこれ」第108回 表ソフト速攻型攻略法① 現実

は縁起がよい攻略法 198218

天狗山への行き方  。

繧ュ繝」繝ウ繝壹・繝ウ縺翫h縺ウ霑ス蜉諠・ア

毎年「センター試験の国語っていつも時間が足りなくて・・・」とか「どうしても高得点が狙えなくて・・・」という相談を多く受けるのがセンター試験の国語。もしかして「センター試験レベルだから・・・」なんて侮っていませんか? 実は、センター試験の国語の難易度は非常に高いテストなのです。では、どういった点で難易度が高く、どこに注目して対策をすれば高得点が狙えるのでしょうか? まずここではセンター試験国語の問題形式や平均点の推移などを見ていきましょう。 センター試験の国語は、大枠では「現代文」「古文」「漢文」の3分野から構成されています。 得点配分は、「現代文」が「評論」50点と「小説」50点に分かれ、合計で点、「古文」が50点、「漢文」が50点で、「国語」全体で点になります。 では、センター試験の国語はなぜ難易度が非常に高く、それゆえ年度によって平均点に大きく差が出てしまうのでしょうか? 単純に「問題文が難しいから」「1問あたりの配点が高い」だけではありません。主に3つの理由があります。 センター試験には短時間で多くの問題を解かなくてはいけないという独特の難しさがあることは以前もお伝えしました(「 センター試験とは? 年の試験日程・時間割、科目について 」を参照)。 特に国語はその傾向が顕著で、実際の分量は80分の試験時間内で約文字もの文章を読み、解答していく必要があります。この分量は原稿用紙にすると約60枚分にものぼります。 第1問は現代文の「評論」です。問1は漢字の問題(計5問)、問2~問6は文章読解問題となっています。問題は 下線部の理由説明や内容理解 が多くなっています。問6は例年、 文章全体の論理展開や趣旨を問う 問題が出題されています。

Today's Castel

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。

277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289

ディスカッション