可能性

ギャンブルで勝つ秘訣ゲームの確率計算 可能性

ギャンブルで勝つ秘訣ゲームの確率計算 694220

java の説明を行ないます。まず、 1 サイコロの関数を作ります。    int dice ; により、整数1~6の一様分布の乱数を発生させます。次に、 2 のとおりクラップスのルールどおりに記述して、関数    int craps void ; を作ります。1回目のサイコロの目の和を sum12回目以後のサイコロの目の和を sum2 としています。この関数は、勝ちの場合1、負けの場合0の値を返します。  次にメインプログラムですが、1回の賭け金を k ドル、現在の持ち金を q ドルとします。 3 が倍増法による賭けで、もし勝った場合、次の賭け金を1とし、負けた場合前回の2倍を賭けることとします。プログラムでは、賭けを何回も繰り返し、横軸賭けの回数 t 、縦軸持ち金 q をグラフに表示するようにしています。 シミュレーションの結果  プログラムを実行すると、図10.1.1のように時間とともに、着実に持ち金は増加していきますが、時々負けが続くと賭け金が急増し、赤字に転落するときがあります。もしその時、もち金がなくなれば破産ですが、なお余裕があって倍々と賭けることができれば、必ずプラスになります。しかしながら、通常は胴元のほうが資金は豊富で、負けが続いても持ちこたえられるのに対し、客のほうが先に底をついてしまいます。もし十分な資金を用意することができれば、ぜひカジノへ行って、ひと儲けして下さい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9