ビクトリア州のゲーミング(カジノ)に係る法規制、規制当局の概要 可能性

ゲーム種選定ポルトガルのカジノ 481749

マカオにとり、ゲーミング産業は、この特別行政府の予算の過半を賄う唯一の重要産業になる。 年時点で 人口57万6千人と極めて小さな行政区でしかすぎないが、ゲーミング産業の趨勢がこの特別行政区にとり極めて重要な位置を占めていることになる。このマカオ特別行区政府の規制機関は、特別行政府・財政局(Finance Services Bureau)に、規制当局としての「ゲーミング検査・調整局」(澳門特別行政区政府博彩観察協調局Gaming Inspection and Co-ordination Bureau-DICI-)が設置されている。あくまでもマカオ特別行政区政府の一部局でもあり、独立的な地位を持った機関ということではない。この政府部局が、マカオにおける全ての賭博行為(カジノ並びにパリ・ミュチュエル賭博)の監督・規制・監視・監査・検査業務を一元的に担っている。同局は特別行政府を代表し、規制、監視、認証、許諾、違法行為摘発、行政罰の賦課等、広範囲の権限を保持する。 ゲーミングの施行は、特別行政区が選定された民間事業者に対し、コンセッションを付与するという形式をとり、認められている。コンセッション付与に伴う付帯条件等はコンセッション契約に規定されることになる(欧州ポルトガルの考え方の遺制であろう)。民間事業者はこのコンセッション契約に従い、投資義務を担い、施設を整備し、この施設を一定期間運営して、資金を回収することになる。この関係は、行政契約としてポルトガルの法理が貫徹するようでもあり、米国的なライセンスとは一線を画すと考えることが適切である。

IR*ゲーミング学会

スイスでは 、年新たにカジノ法制度を創設する際に、賭博依存症対応施策を法律の枠組みの中で(「連邦賭博及び賭博施設法」及び関連「施行令」)明確に位置づけるという先進国としては極めて斬新な手法を採用した国である。 賭博依存症に対する様々な施策をスイスではSocial Concept 社会的配慮事項 と定義し、その実践を施行者の義務とする法律上の構図となる。賭博行為を広範囲に認めることに対する国民の懸念を払拭することが、制度制定の当初からの政策的意図になったため、単純に財源の手当てをして、既存のステークホルダーの善意や任意に委ねるという考え方を取らず、明確に一定の行動を自らの責任で担うことをカジノの施行者としての法律上の義務としたことになる。よって、施行者の総粗収益から強制的に一定の賦課金を徴収し、 これを依存症患者対策に配分するという他国に見られる手法はスイスでは採用されていない 。これは依存症問題に対する対応施策の実践が当初から施行者にとり費用化されることを前提としていることになる。 依存症対応策の計画と実践を、制度上施行者固有の義務とする考えは、その他の国ではあまり採用されていない。事業者側に義務とされることに対する強い反発があると共に、営利事業としての企業行動と社会的危害防止策のバランスを取ることが、難しくなるというのがその理由である。但し、 スイスにおける実践は 、やり方次第では、これも効果的な一つの手法たりうることを示唆している。 Aライセンス・カジノとはもともと大消費地(大都市)近辺、ないしは国境近辺に設置されるカジノ施設をいい、比較的大型施設で、来訪客のみならず都市住民をも含む一定の市場規模を確保できる施設として想定され、カジノ施設のあり方もできうる限り規制の無い考え方で限定数のみが認められることになったものである。一方Bライセンス・カジノとは、観光地においてのみ、より小規模で、射幸心を煽らないレベルの限定的なカジノ施設を許諾するという考え方で、必ずしも汎用的なカジノとはいえないものでもあった。規模が小さいこと、かつ観光地次第では季節毎の観光客数の変動が大きいこと、運営面における制限が多いこと等が本来的に事業経営上の課題であったともいえる。これらBライセンス施設に対しては、財政難に応じて一定の規制緩和措置や支援措置が制定され、現状では相対的に経営が安定するレベルに至っている。潜在的な市場規模や規制のあり方等より、 当初からスイスでは米国的な大型遊興施設は志向されず 、中小規模施設が主体となり、税率もかなり高い。事業に参画した主体は、 スイスとフランス 、オーストリア、ドイツ等の企業連合が殆ど全てを占める。

「スイス」の検索結果

本稿では、統合型リゾート(IR:Integrated Resort)ビジネスの理解を深めていただくため、シンガポールで法規制の整備及び規制当局の設置に際し、ネバダ州等と同様参考にされた、ビクトリア州のゲーミング(カジノ)に係る法規制や規制当局の概要についてご説明いたします。 メルボルン地区におけるゲーミング(カジノ)運営者の選定は2段階で行なわれました。まず、入札(Expression of Interest)により、応募した23社の中から3社を選出し、その後選出した3社に対してより具体的な事業提案書の作成を要請し、最終的にクラウン・リゾーツを選定しました。現在、クラウン・リゾーツが同州で営業を行う唯一のゲーミング(カジノ)事業者となっています。 ビクトリア州では、州政府が、カジノ管理法(Casino Control Act )、ギャンブリング規制法(Gambling Regulation Act )、また、これらの法令を補足する諸規則(カジノ経営同意法:Casino Management Agreement Act 、プレミアム顧客に係るギャンブリング規制:Gambling Regulation Premium Customer Regulations 等)において、ゲーミング(カジノ)に係る諸規制を規定しています。

ビクトリア州のゲーミング(カジノ)に係る法規制、規制当局の概要|インダストリー:建設・不動産/不動産|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。

ヨーロッパのカジノで全財産ぶっ込んでみたら奇跡が起きた

検索結果: 2 | IR*ゲーミング学会 | 10ページ

カジノゲーム casino game とは、 カジノ でおこなわれる ゲーム のことである。 ルーレット や トランプ ゲームなどのテーブルでおこなうゲーム。 クラップス などのダイスを使用するゲームも含まれる。テーブルには、 ディーラー がいるのが一般的。最もゲームの種類が多い分野である。 スロットマシン や ビデオポーカー などのカジノゲームは、ゲームマシンに分類される。ゲームマシンとは、一般的に、個人で機械を相手におこなうカジノゲームのことをいう。ゲームマシンの場合、カジノ従業員などがついていない。一台一台がコンパクトであるため、1つのカジノ内で最も台数が多いケースが多い。 ランダムナンバーゲームともよばれる。ランダムゲームとは、カジノ内のテーブルなどに置かれているチケットや紙などにかかれているものがゲームとなっていて、個人でおこなうようになっている。 キノ などのカジノゲームはランダムゲームに分類される。スポーツブック ブックメーカー などのようにカジノ従業員がいる場合もある(ただし、スポーツブックは通常はカジノゲームとは呼ばない。英語でもCasino and booksという言葉のように、カジノとは別の独立した区分である)。

124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136

ディスカッション