カジノの年齢制限は事前確認が常識!国別の年齢基準を知ろう! 可能性

年齢制限ソフィテルマカオホテルカジノ 397797

マカオにあるカジノには、入場制限があります。全ての方がそのカジノを利用できる訳ではありません。 現時点でそこを利用するとなると、少なくとも22歳以上でなければなりません。ですので21歳の方々などは、そこに入場する事はできないのです。 ではもしもその年齢以下の方々がそこに入場するとどうなるかと言うと、罰金が発生する場合があります。政府に対して所定の金額を支払う必要がありますし、マカオのカジノに対しても罰金を支払う必要があります。このため対象年齢以外の方がそこを利用してしまうと、お金を払う事になってしまうので要注意です。 ところで上記の22歳という制限は、現時点でのものです。今後状況によっては、そのルールが変わる可能性はあります。 現にマカオのカジノでは、一度その入場制限が変更になっています。数年前であれば18歳以上の方々は、そこに入場する事ができました。しかしある時からルール変更が発生し、現在では上記の年齢の方のみそこに入場できるです。ですので今後も変更になる可能性はあります。

ホテルのその他の情報

完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。 アメリカ ラスベガス ハワイ カナダ メキシコ アンティグア・バーブーダ アルバ ドミニカ共和国 ハイチ パナマ バハマ。 アルゼンチン ウルグアイ コロンビア チリ パラグアイ ブラジル ペルー。

ユーザーに人気の設備・サービス

何故カジノと言えばマカオなのか?その歴史は香港・マカオがそれぞれ植民地だった時代にまで遡ります。当時イギリスの植民地であった 香港では賭博が禁止 されていましたが、お隣マカオはポルトガルの植民地であったため、賭博が許可されていました。 コタイエリアはマカオの2つの離島・タイパ島とコロアネ島の間に出来た埋め立て地。以前はマカオ内の人口密度の高さを解消するために埋め立てられた住宅地でしたが、多くのカジノやリゾートホテルが建設された影響で、 現在は人気の観光地 になりました。 マカオのカジノ王 こと スタンレー・ホーが年に建設したカジノホテル です。 マカオのランドマーク的存在のホテルは高さmの52階建て! 蓮をイメージしたと言われる華やかなホテルの外観も印象的ですよね。

188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200

ディスカッション