「日本のカジノ」に米サンズが100億ドルの賭け 可能性

アジア各国の選択メルコクラウンカジノ 517622

今しか買えない株 逆襲の日本株!

日本の統合型リゾート導入で活躍が期待される世界のカジノ大手

サンズは、自らの潤沢な資金やライバルを圧倒する時価総額も利点だと強調する。アデルソン氏は東京の記者会見で、「われわれは借り入れをせずに100億ドルを投資できる。ライバルにはできない」と胸を張った。 しかし、CLSAのアナリスト、アーロン・フィッシャー氏は、カジノ運営会社にとって資金力は深刻な問題にならないとみている。カジノ事業を有望とみる銀行から、積極的な融資を期待できるからだ。フィッシャー氏は、そのうえで、政治的コネも重要なポイントになる可能性があると指摘している。 アデルソン氏のライバルの中には、すでに日本企業と組む意向を示している企業もある。MGMのミューレンCEOは、自社が過半数を握るコンソーシアムを結成することを念頭に、さまざまな業種の日本企業と協議していると述べている。アジア進出の実績がない米シーザーズ・エンターテインメント も「現地パートナーとの強固なコンソーシアム」を模索しているという。

SBIグループサービス

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 天気 プレスリリース検索。

SPECIAL ADVERTISING SECTION

アジア各国で、常に洗練されユニークなIRを生み出し、経営してきた実績をもつメルコリゾートは、大阪の候補地数か所でIRのコンセプトを披露し、日本政府及び候補地の自治体と協力し、 日本の文化にふさわしく、世界トップクラスで刺激的なIRを日本で開発するという構想を再確認しました。

122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134

ディスカッション