WILLIAM HILL オンライン・スポーツベッティング - サッカー、競馬、テニス、野球、F1などなど、全てのゲームで、最高オッズをご提供。 可能性

スポーツくじ世界のカジノ 913420

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。

カジノ合法化とIR導入はまたとないビジネスチャンス

サッカー賭博 (サッカーとばく)は、 サッカー の試合結果の予測に基づいて行われる 賭博 である。 イギリス では「the pools」( プール賭博 )、イタリアでは トトカルチョ (totocalcio)と呼ばれる。 イギリス では、サッカー賭博は「the pools」と総称される。LittlewoodsやVernons、Zetters、Brittensを含む複数の業者が過去に同様の遊戯を組織してきたが、最も有名なものは歴史的に「トレブル・チャンス(Treble Chance)」として知られている。参加者は次週に行われる予定のサッカーの試合の表を与えられ、8つの「ライン」の中からどれが決められた採点方法によって最も高い点数が得られるかを予測する。全ての参加者の掛金の一部が賞金として、最多得点に相当するエントリーを選んだ参加者に分配される。 大陸 ヨーロッパ では同様のサッカー賭博はしばしば トト として知られている。参加者が前もってサッカーの試合結果を予測する必要がある原理は同じであるものの、詳細は根本的に異なっている。トトという名称は パリミュチュエル方式 で使われる賭け率表示装置( 伊 : Totalizzatore )から来ている。 インタートトカップ 大会は、夏の間にトトクーポンのための試合を提供する目的で中央ヨーロッパのサッカー賭博企業によって開始された。

合法化される流れのカジノ法についてまとめてみた

スポーツくじの世界的大手、GVCホールディングスは、新型コロナウィルス COVID の影響で世界最大のスポーツリーグが多数中止になったことで、年12月期の年間EBITDAが1。 ベン・ブラシュクは以前オーストラリアのシドニーでスポーツジャーナリストをしており、年初頭からはInside Asian Gamingで編集長を務めている。IAGの全ての記事への重要な貢献者であるだけでなく、年4月のIAG Breakfast Briefingの展開・立ち上げ、そして監督においてリーダー的役割を務めた。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。

スポーツくじ世界のカジノ 109342

[特集]スポーツとカネ

本論に移る前に、事前知識として世界でどれほどスポーツベットが盛んに行なわれているか、シンガポールやラスベガス、アメリカ各地の事例をもって解説させていただきたい。 先日「不可解な判定負け」と報じられた、村田諒太のWBAミドル級王座決定戦。この試合は東京・有明コロシアムで行なわれたが、比較的重量の大きいクラスのタイトルマッチはラスベガスのカジノで開催されることが定番となっている。では、その理由はご存知だろうか? それは、「勝負ごとの好きな富裕層」というボクシングが抱えている顧客層が、カジノが積極的に誘致したい顧客層と重複していることに起因するものだ。 近年では、中量級のボクシングのタイトルマッチは、アジアにおけるカジノの一大市場であるマカオのカジノが積極的に開催誘致を行なっている。この種の大きな格闘イベントの興業主にとって、完全に「売り手市場」ができあがっているのだ。 格闘技のみならず、モータースポーツの世界でも同様のことが言える。マカオ、モナコ、そしてラスベガスと、世界には複数のカジノが集積するカジノ都市がいくつか存在するが、これらカジノ都市が同時にマカオGP、モナコGP、そしてNASCARと「モータースポーツの聖地」であることは偶然ではない。先にご紹介した格闘技と同様に、モータースポーツの抱える顧客もまたカジノが喉から手が出るほど欲しい「勝負ごとの好きな富裕層」に該当する顧客層であり、各カジノ都市はその種のモータースポーツイベントの誘致を積極的に行なっている。 我が国よりも先行する形でカジノ合法化を果たし、年に二軒の統合型リゾートが開業したシンガポールでは、それらの施設の開業に先駆け年からシンガポールGPが開催されている。当然ながら、これも同国のカジノ合法化と連動した動きだった。我が国においても格闘技やモータースポーツなどカジノと親和性の高いコンテンツを保有している興業主にとって、今回のカジノ合法化と統合型リゾートの導入はまたとないビジネスチャンスであるといえるだろう。

113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125

ディスカッション