【メルガード】日本カジノにも導入の可能性!AI搭載の最新鋭顔認証システム

顔認証で入オーストリアカジノ 275687

ところでカジノに先駆けること年の東京五輪、オリンピックでは世界初となるNECの顔認証技術による本人確認が行われます。対象は選手・大会関係者、プレスやボランティアなど30万人。事前に登録した顔情報から本人確認を行い、なりすましなどの不正防止、混雑緩和のためのスムーズな入場手続きを行います。競技会場や選手村、プレスセンターなど数百台の顔認証システムを導入し、ICチップ搭載のカードを読み取り機にかざし、カメラが顔を認識、カードと顔の情報を照合して本人かどうかAIが判断するという仕組みです。 年のオリンピックは日本企業が誇る世界最高水準のテクノロジーを世界に発信する機械でもあり、またテロの標的となりやすい国際イベントのリスクをIoTで低減させるという取り組みは世界的にも注目されています。

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。 IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。 オペレーショナルリスク・プラクティスの日本責任者、IR(統合型リゾート)ビジネス・プラクティスの責任者を務める。 公認会計士、公認内部監査人、公認不正検査士。 年公認会計士登録。 【オペレーショナルリスク・プラクティス】 15年以上にわたり、リスクアドバイザリー業務に従事し、オペレーショナル・リスク領域のプロジェクト責任者を多数務める。 専門分野は、コーポレートガバナンス、内部統制、内部監。 目次 カジノ施設への入場回数制限及びマイナンバーカード等を使った本人確認措置が講じられる IRビジネス参入においては、入場規制等を考慮した上での事業計画の検討が必要となる ギャンブル依存症(賭博依存症)関連記事 連載「我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点」のアーカイブ IRビジネスグループとは IRビジネスグループのアドバイザリーサービス IRビジネスグループの最新活動 プロフェッショナル 関連トピック。 マイナンバーカード等を使った本人確認・入場回数の把握に関して IR整備法では、カジノ施設への入退場の際に、日本人及び国内居住の外国人にはマイナンバーカード等を使い、その他の人には旅券(パスポート)等を使って、本人確認及び入場回数の把握を実施するとされています。 日本のIRの議論においては、特にギャンブル依存症対策等の観点から、カジノ施設への入場者を適切に管理するために、以下の観点からマイナンバーカードを用いて本人確認を行うことが検討されてきました。 本人特定事項である氏名、住所、生年月日、顔写真が記載されていること 公的機関が発行する書面で、国民が容易に入手できること 特定の個人について一貫して最新の情報を確認することができること その結果、IR整備法第70条(入退場時の本人確認等)では、以下のような規制が定められました。 1 日本人及び国内居住の外国人に関しては、マイナンバーカード及びICチップに格納されている電子証明書を用いた公的個人認証等を用いて、入場者の本人特定事項や当該入場者が入場禁止対象者に該当するかどうか等を確認する(同70条1項) 2 国内に居住しない外国人に関しては、旅券(パスポート)等を用いて、入場者の本人特定事項や当該入場者が入場禁止対象者に該当するかどうか等を確認する(同70条1項)。

128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140

ディスカッション