カジノ法案、自公両党が入場料「6000円」で合意 - 産経ニュース

最新ニュカジノ法案入場料 952838

自民党IRPTは、まずは、一通り、政府より重要論点の案を聴取・議論し、党内の意見を集約する方針。 その後、公明党との調整を経て、3月上旬には与党の見解を取りまとめる方針。

【ニュースレター】 IR推進法案 -- カジノを含む統合型リゾートの日本導入に向けた法案について

次に、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」。3つ並んだ57階建てホテルの屋上に、長さ300メートル、ジャンボジェット機4機が入る船のような形の広場が設置されている、極めてユニークな外観の施設です。8年前の2010年に開業し、年間4500万人が訪れるということです。 運営事業者によると去年1年間の売り上げは、31億5400万ドル。日本円に換算して3300億円余りです。 現在、IRの整備に向けた自民党のプロジェクトチームで座長を務める岩屋毅衆議院議員に話を聞きました。 「日本では、小泉政権のころから『カジノを作りたい』という声が地方自治体から出ていた。しかし、ギャンブルを禁止している刑法に風穴を開けるのはハードルが高く、政府は門前払いをしていた」。 そうした中、それまでカジノを禁止していたシンガポールで、国の財政難の打開策としてIRの整備を認められたことをきっかけに、2010年、当時の民主党政権時代に、与野党の有志の国会議員で構成する議員連盟が設立されたということです。 岩屋さんは、「当時はまだ観光が国の中心的政策ではなかった。その後自民党が政権を奪還し、安倍政権になって、成長戦略に『観光立国』が盛り込まれて以降、IRの実現をめぐる議論が加速化した」と説明しました。

政府・各党の取組:自民党IRPT IR実施法案の論点議論 2回「公租公課、カジノ管理委」

Home 最新情報 記事。 本法案は、単純賭博施設としてカジノが単体で存在することを予定せず、カジノを中核とした多様な機能を提供する統合型リゾート施設の導入を目指している。具体的には、本法案は、特定複合観光施設が、カジノ施設及び会議場施設、レクリエーション施設、展示施設、宿泊施設その他の観光の振興に寄与すると認められる施設を含むと規定している(第2条第1項 [1] )。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

ディスカッション