のりお一覧

映画『SCOOP!』福山雅治の新境地が素晴らしい!

福山雅治がエロカッコイイパパラッチ役をするということで注目の映画『SCOOP!』を見ました。

福山雅治の新境地とはいかに!? 注目です!

作品情報

あらすじ

数々の伝説的スクープをモノにしてきたカメラマンの都城静は、輝かしい業績も過去のものとなり、今は芸能スキャンダル専門の中年パパラッチとして、借金や酒にまみれた自堕落な生活を送っていた。そんなある時、ひょんなことから写真週刊誌「SCOOP!」の新人記者・行川野火とコンビを組むことになり、日本中が注目する大事件に巻き込まれていく。

SCOOP! – 作品 – Yahoo!映画

登場人物

都城 静(みやこのじょう しずか)

演:福山雅治

行川 野火(なめかわ のび)

演:二階堂ふみ

横川 定子(よこかわ さだこ)

演:吉田羊

馬場(ばば)

演:滝藤賢一

チャラ源(ちゃらげん)

演:リリー・フランキー

見どころ

確かに、今までの福山雅治とは一味違った役どころでした。

福山演じる都城静は、かつてはエースと呼ばれたカメラマンでしたが、今は落ちぶれたパパラッチ専門のカメラマンです。

芸能人のスキャンダルやエロいネタを追いかけて日銭を稼ぐ毎日です。

そんなゲスいパパラッチを、あの福山雅治が演じると…カッコイイんです!

ちょっと気だるい雰囲気が合っていてしびれましたね。

これは新たな福山雅治のスタートだ!と思いました。

都城静とコンビを組む相方、横川 定子を二階堂ふみが演じています。

二階堂ふみは実力派若手俳優ですが、何となくパッとしませんでした。

役どころがダメダメな新人記者だったので、仕方ないのかもしれませんね。

福山と恋仲になるんですけど、年齢差からなのか、何となくしっくり来ないんです。

それだったら都城静の元恋人、横川定子役の吉田羊とのほうが恋人としてはピッタリだなあと思いました。

吉田羊は上手かったですねえ。

都城静の元恋人としても、雑誌スクープのデスクとしても完璧な演技だったのではないでしょうか。

強い女を演じさせたら抜群ですね。

その他の俳優さん達も上手い技巧派揃いで安心感がありました。

まとめ

映画『SCOOP!』は福山雅治の新たな一面が見れる貴重な作品だと思います。

ゲスいパパラッチなのにカッコイイなんて福山雅治しかできないんじゃないかなあと思いました。


ドラマ『電影少女』25年ぶりに帰ってきた天野アイ

ドラマ『電影少女』は桂正和さんの漫画が原作のドラマです。

漫画は25年前に連載されていました。

ちょうど僕は学生だったので、ドンピシャで読んでいました。

桂正和さんの描く女の子はトットも可愛くってセクシーで大好きでした。

あらすじ

ごく普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、両親の離婚を機に、絵本作家の叔父・洋太の空き家で一人暮らしを始める。学校では同じクラスの美少女・奈々美に密かな恋心を抱いているが、奈々美は翔の親友・智章に好意を抱くという一方通行状態。そんな折、翔は家でテープが入ったままの壊れたビデオデッキを発見。デッキを直し再生すると“ビデオガール・天野アイ”(西野七瀬)と名乗る女の子が画面から飛び出してきて…!?ビデオガール・アイと翔の3か月に及ぶ奇妙な共同生活が始まる!

電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-:テレビ東京

感想

天野アイ役には乃木坂46の西野七瀬ちゃんです。

弄内翔には野村周平くん。

二人はとっても初々しくってお似合いの二人でした。

何と言っても西野七瀬ちゃんが抜群に可愛い。

彼女を見るだけでも価値があります。

アイは天然なんですけど、その天然ぶりがスッゴク上手い。

たぶん、西野七瀬さんも天然なんだろうなって思います。

それがいい感じに重なり合っていてピッタリの配役になっていました。

野村周平くんもバッチリでした。

高校生役はキツイかなって思ったんですけど、いやいや、まだまだ大丈夫。違和感ゼロの好演でした。

弄内翔はクラスメイトの柴原奈々美に片思い中でイジイジしてるんです。

それを幼なじみの古矢智章に焚き付けられて頑張ろうとします。

でも、柴原奈々美は古矢智章のことが好き、という三角関係なんです。

高校生の三角関係なんて、ドキドキしますよね。

自分の学生時代のことを思い出して懐かしかったです。

ドラマ『電影少女』は初々しい恋愛ドラマです。

きっと楽しめます。見て下さい。


アニメ『サイコパス』ネタバレ感想

あらすじ

あらゆる感情、欲望、社会病質的心理傾向はすべて記録され、管理され、大衆は「良き人生」の指標として、その数値的な実現に躍起になっていた。人間の心の在り方、その個人の魂そのものを判定する基準として取り扱われるようになるこの計測値を人々は「PSYCHO-PASS(サイコパス)」の俗称で呼び慣わした。
人間の心理状態や性格的傾向を計測し数値化できるようになった未来世界。
犯罪に関する数値も”犯罪係数”として計測され、犯罪者はその数値によって裁かれる。
プロモーション動画

アニメ『サイコパス』登場人物

常守朱(つねもり あかね)

声:花澤香菜
公安局刑事課一係の監視官。訓練施設を首席で卒業したばかりの新任監視官。ストレスに対する耐性が強く、サイコパスの濁りにくい体質を持つ。

宜野座伸元(ぎのざ のぶちか)

声:野島健児
公安局刑事課一係の監視官。一係のリーダー的存在で、狡噛の監視官時代の同期。冷静で理性的な判断力を持つ。執行官の征陸とは親子である。

征陸智己(まさおか ともみ)

声:有本欽隆
公安局刑事課一係の執行官。宜野座の父親。元は警視庁に所属していたが、シビュラシステムが運用された時、潜在犯と判定され執行官になる。左腕は昔、犯罪者との死闘で切断され義手となっている。

縢秀星(かがり しゅうせい)

声:石田彰
公安局刑事課一係の執行官。5歳の時にサイコパス判定によって社会から弾かれ、治療更生の見込みのない潜在犯とされた。

六合塚弥生(くにづか やよい)

声:伊藤静
公安局刑事課一係の執行官。元はシビュラ公認芸術家で、バンド「アマルガム」のメンバーだったが、潜在犯落ちし、執行官となる。

唐之杜志恩(からのもり しおん)

声:沢城みゆき
公安局総合分析室所属の分析官。バイセクシャルで、六合塚とは恋人同士。

槙島聖護(まきしま しょうご)

声:櫻井孝宏
様々な事件の裏で糸を引く男。免罪体質者(本来なら犯罪係数が上昇する状態にあっても、規定値を超える犯罪係数が計測されない体質を持った人間)。

各話紹介

#01 犯罪係数 虚淵玄
#02 成しうる者
#03 飼育の作法
#04 誰も知らないあなたの仮面
#05 誰も知らないあなたの顔
#06 狂王子の帰還
#07 紫蘭の花言葉
#08 あとは、沈黙。
#09 楽園の果実
#10 メトセラの遊戯
#11 聖者の晩餐
#12 Devil’s Crossroad
#13 深淵からの招待
#14 甘い毒
#15 硫黄降る街
#16 裁きの門
#17 鉄の腸(はらわた)
#18 水に書いた約束
#19 透明な影
#20 正義の在処
#21 血の褒賞
#22 完璧な世界

映画『靴職人と魔法のミシン』あらすじ、作品情報

あらすじ

ある日、愛用のミシンが壊れてしまい先祖より代々伝わる旧式ミシンで直した靴を試し履きしたところ、何と靴の持ち主に変身する。

日常生活が退屈で仕方がなかったマックスだったが、ある日、先祖代々のミシンを使っていると、靴の持ち主の世界に入り込んでしまった。

魔法のミシンによって他人の人生を体験できる楽しさに夢中になった彼は親孝行を思い立つが、予期せぬトラブルが生じ……。

ニューヨークの下町にある小さな靴修理店で働く中年男マックス(アダム・サンドラー)は、老母と生活しながら特に何の変化もない毎日を送っていた。

他者の世界を体験しながら、マックスは本当の自分を見つけていくのだった。

マックス・シムキンは今日も靴を修理していた

。シムキンの家は何世代にもわたってニューヨークで靴屋を営んできた。

登場人物

アブラハム・シムキン(ダスティン・ホフマン)

マックスの父親。数年前から行方不明。

エレーン・グリーナウォルト(エレン・バーキン)

実業家。闇組織と繋がりがある。

ジミー(スティーブ・ブシェミ)

マックスの靴修理屋の隣で散髪屋を営む。

マックス・シムキン(アダム・サンドラー)

物語の主人公。父の後を継いで靴職人をしている。

レオン・ラドロー(メソッド・マン)

マックスの靴修理屋に来た客。裏の仕事をしている。

作品情報

タイトル:靴職人と魔法のミシン

原題:THE COBBLER

製作年度:2014年

上映時間:98分

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ、ドラマ、ファンタジー

監督:トム・マッカーシー

製作総指揮:ニコラス・シャルティエ、ゼヴ・フォアマン、マイケル・ベダーマン

脚本:トム・マッカーシー、ポール・サド

音楽:ジョン・デブニー、ニック・ウラタ


アニメ『エロマンガ先生』あらすじ感想|兄と妹の禁断のラブ

作品情報

あらすじ

高校生兼ラノベ作家の和泉正宗には、引きこもりの妹がいる。和泉紗霧。一年前に妹になった彼女は、全く部屋から出てこない。
そんなある日、衝撃の事実が正宗を襲う。彼の小説のイラストを描いてくれているイラストレーター『エロマンガ先生』、その正体が、なんと妹の紗霧だったのだ!
一つ屋根の下でずっと引きこもっている可愛い妹が、いかがわしいPNで、えっちなイラストを描いていたなんて!?
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』をしのぐ魅力的なキャラクターが多数登場!
ライトノベル作家の兄と、イラストレーターの妹が織り成す、業界ドタバタコメディ!

 

プロモーション映像

 

見どころ

アニメ『エロマンガ先生』は伏見つかささんによるライトノベルが原作です。

原作は累計120万部の大人気ラノベです。

ラノベ作家の兄、和泉 正宗(いずみ まさむね)の元にやってきた妹の和泉 紗霧(いずみ さぎり)はエロイラストレーターだった。

そうと走らずに正宗はエロマンガ先生こと紗霧ちゃんと仕事をしていたのです。

 

紗霧ちゃんは中学生で引きこもりで、登校拒否です。

だから正宗が食事の用意や洗濯などの家事を全部担当しています。

紗霧ちゃんは部屋にこもって出てきません。

中で何をしているかというと、エロマンガ先生としてイラストレータのお仕事をしていたんです。

紗霧ちゃんのかくイラストはエッチなものばかりでドキドキします。

それは正宗の書くラノベに合わせてそうなったらしいです。

 

正宗はなぜかモテまくります。ラノベの定番ですね。

山田エルフや千寿ムラマサなどの可愛い女子達から熱いアプローチを受けます。

私だったらもうウハウハなんですけど、正宗は紗霧のことが気になっているので、困ってしまいます。

紗霧も正宗のことが好きなので、山田エルフや千寿ムラマサのラブアプローチにイライラしてまうのです。

 

エロマンガ先生で人気のキャラっていっぱいいると思うんですけど、ワタシ的には千寿ムラマサが好きです。

和服に身を包んだ女子というのは、いつの時代も男子の憧れですからね。

それに千寿ムラマサは意外と巨乳なんです。

おしとやかな女子が巨乳なんて、男子は大喜びですね。

まとめ

アニメ『エロマンガ先生』は血の繋がりのない兄妹が、互いを意識しながら、でも中々前に進めず関係が発展しないのを見てイライラするのがオツな作品です。

紗霧、エルフ、ムラマサと可愛いキャラもいっぱい出てきて、誰推しか考えるのも楽しいですね。


映画『偉大なる、しゅららぼん』あらすじ感想

映画『偉大なる、しゅららぼん』は万城目学さん原作の小説を実写映画化したものです。

万城目作品は他にも数多く映画化されていて、どれも人気作品ですよね。

なので、今作も期待できそうですね。

映画『偉大なる、しゅららぼん』作品情報

あらすじ

琵琶湖のすぐそばの町・石走で、先祖代々不思議な力を継承してきた日出一族。その跡取りで最強の力を誇るとされる淡十郎(濱田岳)は、高校生でありながら住民からあがめられる殿様のような生活を送っていた。そんな彼のもとへ、分家の涼介(岡田将生)が力の修行をするために訪れる。淡十郎と同じ高校に通うものの、彼とおそろいの真っ赤な特注制服を着せられ、従者のように扱われる涼介。そんな中、日出一族と対立する棗一族の広海(渡辺大)とのトラブルが勃発し、それが世界の運命を揺るがす事態に発展する。

 

映画『偉大なる、しゅららぼん』見どころ

さっきも言いましたが万城目学さんの作品はよく映画化されています。

『鴨川ホルモー』や『プリンセス・トヨトミ』、ドラマでは『鹿男あおによし』など、ほぼすべての作品が映像になっているんじゃないでしょうか。

映画『偉大なる、しゅららぼん』は岡田将生くんと濱田岳くんのW主演です。

その他、深田恭子さんや貫地谷しほりさん、佐野史郎さんなど実力派揃いの俳優陣となっています。

 

濱田岳くん演じる日出淡十郎(ひのでたんじゅうろう)は滋賀県の琵琶湖半にあるお城に住んでいて、その立ち居振る舞いがお殿様のようです。

学生服は真っ赤な学ランで、岡田将生くん演じる日出涼介(ひのでりょうすけ)も同じ真っ赤な学ランを着せられて恥ずかしい思いをします。

日出家には代々伝わる不思議な力を持っていて、それで人の心をコントロールして権力を握ってきました。

それに対抗する棗家という家があり、そこの長男、棗広海(なつめひろみ)は淡十郎といつも諍いを起こしています。

 

そんな折、謎の力を持った敵が現れ日出家と棗家に琵琶湖半から出ていくよう要求してきます。

謎の敵の正体はいったい誰なのか?

淡十郎と涼介は日出家を守ることができるのか?

といったお話になっています。

まとめ

映画『偉大なる、しゅららぼん』は万城目さんお得意の歴史ファンタジーとなっています。

現代のストーリーに歴史的要素を組み合わせて、それがSFチックで面白かったです。

小説を読んでいても楽しめる作品だと思いました。


アニメ『幼女戦記』あらすじ感想

アニメ『幼女戦記』というアニメの存在は知っていたんですけど、何となく可愛い女の子が戦う萌系アニメかと思って敬遠してました。

ところが、見てみてビックリです。

こんなしっかりとした戦記物だとは思いませんでした。

素晴らしい作品に出会えました。

アニメ『幼女戦記』作品情報

あらすじ

統一暦1923年6月。
金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、部隊勤務の一環として北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。
航空魔導師として輝かしいキャリアを踏み出すための第一歩である研修は何事もなく無事に終わるはずだった。しかし事態は思わぬ方向へ転がっていく。
協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。戦時体制への移行に伴い、観測任務が割り当てられるも、協商連合軍による奇襲が発生し、ターニャは敵の魔導師中隊と単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。
多勢に無勢で味方が到着するまで持ちこたえることなどできるわけもなく、しかし逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況。何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、ターニャはとある作戦に打って出るのだが……。

 

アニメ『幼女戦記』見どころ

アニメ『幼女戦記』は、神さまの存在を信じていないサラリーマンが、ある日電車に轢かれて死にそうになってる瞬間時間が止まり、神さまが語りかけてきて異世界に転生させられる、というストーリーです。

転生先ではターニャ・デグレチャフという女の子になっていて、そこで生き延びるために軍隊に入り頭角を現していきます。

ターニャ・デグレチャフは過去の記憶を持っているので、中身は大人のサラリーマンなんです。

だから、どうすれば軍で上手く立ち回れるか知っていて、ドンドン昇進していきます。

 

さらに、この世界では魔法が存在し、ターニャ・デグレチャフは魔道士の素質があったんです。

それを使って魔導戦士として活躍していきます。

戦記物なんで戦闘シーンが多いんですけど、それがカッコイイんですよ。

魔道士は宇宙に飛んで戦います。まさに空中戦です。

ターニャ・デグレチャフは魔法の才能がずば抜けているので、敵の魔道士たちは太刀打ちできません。

戦場では一人舞台です。

アニメ『幼女戦記』まとめ

アニメ『幼女戦記』は重厚な戦記物として完成度が非常に高いですね。

キャラクターが可愛いから騙されるかもしれませんが、内容はハードです。

カッコイイ戦闘シーンと、重厚なストーリーが合致して、素晴らしい作品に仕上がっています。