アニメ『エロマンガ先生』あらすじ感想|兄と妹の禁断のラブ

作品情報

あらすじ

高校生兼ラノベ作家の和泉正宗には、引きこもりの妹がいる。和泉紗霧。一年前に妹になった彼女は、全く部屋から出てこない。
そんなある日、衝撃の事実が正宗を襲う。彼の小説のイラストを描いてくれているイラストレーター『エロマンガ先生』、その正体が、なんと妹の紗霧だったのだ!
一つ屋根の下でずっと引きこもっている可愛い妹が、いかがわしいPNで、えっちなイラストを描いていたなんて!?
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』をしのぐ魅力的なキャラクターが多数登場!
ライトノベル作家の兄と、イラストレーターの妹が織り成す、業界ドタバタコメディ!

プロモーション映像

見どころ

アニメ『エロマンガ先生』は伏見つかささんによるライトノベルが原作です。

原作は累計120万部の大人気ラノベです。

ラノベ作家の兄、和泉 正宗(いずみ まさむね)の元にやってきた妹の和泉 紗霧(いずみ さぎり)はエロイラストレーターだった。

そうと走らずに正宗はエロマンガ先生こと紗霧ちゃんと仕事をしていたのです。

紗霧ちゃんは中学生で引きこもりで、登校拒否です。

だから正宗が食事の用意や洗濯などの家事を全部担当しています。

紗霧ちゃんは部屋にこもって出てきません。

中で何をしているかというと、エロマンガ先生としてイラストレータのお仕事をしていたんです。

紗霧ちゃんのかくイラストはエッチなものばかりでドキドキします。

それは正宗の書くラノベに合わせてそうなったらしいです。

正宗はなぜかモテまくります。ラノベの定番ですね。

山田エルフや千寿ムラマサなどの可愛い女子達から熱いアプローチを受けます。

私だったらもうウハウハなんですけど、正宗は紗霧のことが気になっているので、困ってしまいます。

紗霧も正宗のことが好きなので、山田エルフや千寿ムラマサのラブアプローチにイライラしてまうのです。

エロマンガ先生で人気のキャラっていっぱいいると思うんですけど、ワタシ的には千寿ムラマサが好きです。

和服に身を包んだ女子というのは、いつの時代も男子の憧れですからね。

それに千寿ムラマサは意外と巨乳なんです。

おしとやかな女子が巨乳なんて、男子は大喜びですね。

まとめ

アニメ『エロマンガ先生』は血の繋がりのない兄妹が、互いを意識しながら、でも中々前に進めず関係が発展しないのを見てイライラするのがオツな作品です。

紗霧、エルフ、ムラマサと可愛いキャラもいっぱい出てきて、誰推しか考えるのも楽しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする