映画『偉大なる、しゅららぼん』あらすじ感想

映画『偉大なる、しゅららぼん』は万城目学さん原作の小説を実写映画化したものです。

万城目作品は他にも数多く映画化されていて、どれも人気作品ですよね。

なので、今作も期待できそうですね。

映画『偉大なる、しゅららぼん』作品情報

あらすじ

琵琶湖のすぐそばの町・石走で、先祖代々不思議な力を継承してきた日出一族。その跡取りで最強の力を誇るとされる淡十郎(濱田岳)は、高校生でありながら住民からあがめられる殿様のような生活を送っていた。そんな彼のもとへ、分家の涼介(岡田将生)が力の修行をするために訪れる。淡十郎と同じ高校に通うものの、彼とおそろいの真っ赤な特注制服を着せられ、従者のように扱われる涼介。そんな中、日出一族と対立する棗一族の広海(渡辺大)とのトラブルが勃発し、それが世界の運命を揺るがす事態に発展する。

おすすめ記事

偉大なる、しゅららぼん | アスミック・エース

偉大なる、しゅららぼん : 作品情報 – 映画.com

偉大なる、しゅららぼん – Wikipedia

映画『偉大なる、しゅららぼん』見どころ

さっきも言いましたが万城目学さんの作品はよく映画化されています。

『鴨川ホルモー』や『プリンセス・トヨトミ』、ドラマでは『鹿男あおによし』など、ほぼすべての作品が映像になっているんじゃないでしょうか。

映画『偉大なる、しゅららぼん』は岡田将生くんと濱田岳くんのW主演です。

その他、深田恭子さんや貫地谷しほりさん、佐野史郎さんなど実力派揃いの俳優陣となっています。

濱田岳くん演じる日出淡十郎(ひのでたんじゅうろう)は滋賀県の琵琶湖半にあるお城に住んでいて、その立ち居振る舞いがお殿様のようです。

学生服は真っ赤な学ランで、岡田将生くん演じる日出涼介(ひのでりょうすけ)も同じ真っ赤な学ランを着せられて恥ずかしい思いをします。

日出家には代々伝わる不思議な力を持っていて、それで人の心をコントロールして権力を握ってきました。

それに対抗する棗家という家があり、そこの長男、棗広海(なつめひろみ)は淡十郎といつも諍いを起こしています。

そんな折、謎の力を持った敵が現れ日出家と棗家に琵琶湖半から出ていくよう要求してきます。

謎の敵の正体はいったい誰なのか?

淡十郎と涼介は日出家を守ることができるのか?

といったお話になっています。

まとめ

映画『偉大なる、しゅららぼん』は万城目さんお得意の歴史ファンタジーとなっています。

現代のストーリーに歴史的要素を組み合わせて、それがSFチックで面白かったです。

小説を読んでいても楽しめる作品だと思いました。

参考サイト

【超可動ガール1/6】1話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする