アニメ『幼女戦記』あらすじ感想

アニメ『幼女戦記』というアニメの存在は知っていたんですけど、何となく可愛い女の子が戦う萌系アニメかと思って敬遠してました。

ところが、見てみてビックリです。

こんなしっかりとした戦記物だとは思いませんでした。

素晴らしい作品に出会えました。

アニメ『幼女戦記』作品情報

あらすじ

統一暦1923年6月。
金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、部隊勤務の一環として北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。
航空魔導師として輝かしいキャリアを踏み出すための第一歩である研修は何事もなく無事に終わるはずだった。しかし事態は思わぬ方向へ転がっていく。
協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。戦時体制への移行に伴い、観測任務が割り当てられるも、協商連合軍による奇襲が発生し、ターニャは敵の魔導師中隊と単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。
多勢に無勢で味方が到着するまで持ちこたえることなどできるわけもなく、しかし逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況。何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、ターニャはとある作戦に打って出るのだが……。

アニメ『幼女戦記』見どころ

アニメ『幼女戦記』は、神さまの存在を信じていないサラリーマンが、ある日電車に轢かれて死にそうになってる瞬間時間が止まり、神さまが語りかけてきて異世界に転生させられる、というストーリーです。

転生先ではターニャ・デグレチャフという女の子になっていて、そこで生き延びるために軍隊に入り頭角を現していきます。

ターニャ・デグレチャフは過去の記憶を持っているので、中身は大人のサラリーマンなんです。

だから、どうすれば軍で上手く立ち回れるか知っていて、ドンドン昇進していきます。

さらに、この世界では魔法が存在し、ターニャ・デグレチャフは魔道士の素質があったんです。

それを使って魔導戦士として活躍していきます。

戦記物なんで戦闘シーンが多いんですけど、それがカッコイイんですよ。

魔道士は宇宙に飛んで戦います。まさに空中戦です。

ターニャ・デグレチャフは魔法の才能がずば抜けているので、敵の魔道士たちは太刀打ちできません。

戦場では一人舞台です。

アニメ『幼女戦記』まとめ

アニメ『幼女戦記』は重厚な戦記物として完成度が非常に高いですね。

キャラクターが可愛いから騙されるかもしれませんが、内容はハードです。

カッコイイ戦闘シーンと、重厚なストーリーが合致して、素晴らしい作品に仕上がっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする